超硬工具製品の使用上の安全について
 
1.超硬工具製品のご使用にあたって
 平成7年7月1日に施行されました製造物責任法(PL法)により、弊社では、対象製品に関し製品の包装材に警告ラベルまたは、注意ラベルの貼付を実施致しております。ただし、工具本体には、具体的な注意事項の表示はなされておりません。すべての超硬工具製品及び超硬質工具材料の取扱い並びにご使用の前に、必ず本パンフレットをご一読下さい。また、御社の安全教育の一環として、本パンフレット内容を実際の作業者全員に周知徹底下さるようお願い申し上げます。
 
2.超硬質工具材料の基本的特徴
本パンフレットにおける用語の意味と使い分け
超硬質工具材料: 超硬合金、サーメット、セラミック、CBN焼結体及びダイヤモンド焼結体などの工具材料の総称。
超 硬 合 金 : WC(炭化タングステン)を主成分とする工具材料
超      硬 : 超硬質工具材料の略称。また狭義に超硬合金の略称として用いられる。
超 硬 工 具 : 超硬質工具材料を用いる工具の総称。
物理特性
外      観 : 材質により異なる 例、灰色、黒色、金色等
臭      気 : 無臭
硬      度 : 超硬サーメットHv5〜30GPa、セラミックHv10〜40GPa
CBN焼結体Hv20〜50GPa、ダイヤモンド焼結体Hv80〜120GPa
比      重 : 超硬9〜16、サーメット5〜9、セラミック2〜7、CBN及びダイヤモンド焼結体3〜5
成 分
W、Ti、Al、Si、Ta、B等の炭化物、窒化物、炭窒化物、酸化物及びこれらに加えてCo、Ni、Cr、Mo等の金属成分を含むものがあります。
 
3.超硬質工具材料の取扱い注意事項
超硬素材は、非常に硬い反面脆い材料としての特性をもちます。したがって、衝撃や無理な締め付けなどで破損することがあります。
超硬素材は、比重が大きいため大型製品や、数量が多い場合は重量物として取扱いに注意して下さい。
超硬材料は、金属材料に比べて熱膨張率が違います。このため、焼きばめ/冷しばめされた製品は、使用温度が設計値と異なり著しく高い(低い)場合、割れが発生することがあります。
超硬材料は、研削液や潤滑液、その他水分等で腐食すると強度低下を招きますので保管状態に注意して下さい。
 
4.超硬工具を加工する際の注意事項
超硬工具は、表面状態により強度が著しく低下することがあります。仕上げには、必ずダイヤモンド砥石を使用して下さい。
超硬工具は、研削すると粉塵が発生します。多量に吸引したりすると体に有害な場合がありますので排気装置を設置し保護マスク等の保護具をお使い下さい。また、皮膚についたり目に入った場合は、すぐに流水で洗い流して下さい。
超硬素材またはろう付け品を研削した場合、廃液中に重金属成分が含まれますので廃液処理は確実に行って下さい。
超硬工具を再研削する際には、再研削後に亀裂のないことを確認して下さい。
超硬素材あるいは製品にレーザ、電気ペン等でマーキングすると亀裂が入ることがあります。応力の加わる部分にへのマーキングは、行わなようにして下さい。
超硬素材を放電加工すると表面に残留亀裂が生じ、強度低下を招きますので必要があれば研削等で亀裂を完全に除去するようにして下さい。
超硬素材をろう付けする場合、ろう材の溶融温度より低すぎたりまたは高すぎたりしますと、脱落や破損することがありますので注意して下さい。

CLOSE